読み物

沖縄では囲碁の人気が高く、碁会所もあちこちにある。日本からの新参者の将棋と異なり、古くから中国との交易を介して伝わってきたのだろう。これは象棋(チュンジー)

2017/07/06書籍

Amazonにて Kindle本50%OFF大型セールが行われています。キャンペーン期間は2017年7月11日(火) 23時59分(日本時間)まで。今回も囲碁関連の本を一覧にしてみました。

Kindle本50%OFF大型セールを ...

2017/05/27書籍

Facebookにて良書との紹介がありましたので読んでみました。たしかに良い本です。

著者の白石六段はブログ(

中国ルール

人間トップ棋士とコンピュータAIの対決となる 柯潔・AlphaGo戦が行われ、白番AlphaGOの半目勝ちとなりました。

(The Future of Go Summit, Match One: Ke Jie 

2017/05/18書籍

囲碁に先行しているコンピュータ将棋の本でも同様だが、コンピュータに関する本はガチガチの技術者向けの本か、逆に完全に一般人向けの本になりやすく、両者のバランスを取ることが難しい。双方に深いレベルで関われる人は少ないし、それを一般向けにわ ...

2017/05/02書籍

ボードゲームでは脳内盤を作ることが棋力向上に欠かせない。囲碁でも将棋でも必要だし、チェスや他のゲームでも同様だろう。

重要な脳内盤なのだが「どうやって」作れば良いかについては決定打がなさそうだ。将棋の勉強の際に脳内将棋盤を ...

ネット囲碁

以前、NHK将棋フォーカスにて「郵便碁」の紹介がありました※1。番組中では1局あたり1年から2年かかるとも。さすがに時間がかかりすぎなのでは、と思います。

※1 NHKネットクラブ 番組詳細(囲碁フォーカス「“カケツギ”を作って ...

アプリ

Rayは単独では動作しないので、GoGuiも一緒に入れました。流行りのニューラルネットワーク(NN)が使われていて強いらしいですが、私としては使い勝手の方が気になる。

Releases · zakki/Ray · GitHub

読み物

9路盤は攻め合いになって読み負けることが多いのと、そろそろ布石も勉強したいので広いサイズ(13路、19路)も打っています。
同じルールのゲームなのに、広さによって性質が違うように感じるのが面白いですね。

9路

2017/04/08書籍

王銘琬九段の「我間違える ゆえに我あり ~悪手を打ってもえーじゃないか~」が面白かった※1ので続編の「王銘琬の囲碁ミステリーツアー」も買いました。こちらも非常に面白い。
前作と同じく王銘琬九段と高見亮子さんの共著です。 ...